鎌田菜月の今日までのこと 第2回

~2年目 どん底からの進撃開始~
鎌田菜月さんの2年目のスタートは順調なものではありませんでした。

大組閣の影響により研究生公演が出来なくなりました。
その頃、高校1年でSKEに入った鎌田菜月さんは高校3年生になりました。
進学志望の高校3年生。
SKEの研究生としての活動は少しの停滞状態です。
この頃はとある事件によって握手会が中断されていた時期でもあります。
この時点ではまだアンダー出演も出来ていませんでした。
同期の研究生が一人また一人と卒業していきます。
その状況から卒業説が流れたこともありました。

そんな中始まったアップカミング公演。
残った研究生がオリジナルのセットリストで帰ってきました。
アップカミング公演初日は暖かく迎え入れられました。

しかしアップカミング公演自体の回数は少なく、まだ不安な日々は続きます。
ただ一方で、アップカミング公演以外の希望の光もありました。
その一つはgoogle+。
SKEメンバーとファンとのメインのコミュニケーションツールであるgoogle+の投稿を始めた鎌田菜月さんは(いろんな意味で)印象的な言葉で綴る文章と奇跡の1枚とも思える自撮り写真で一部で話題になりました(奇跡の1枚は何枚も続きました)。
今でもgoogle+をきっかけに鎌田菜月さんのファンになったという人は多いと思います。

もう一つはファンの中でPassionForYouというゲームの話題が出始めたことです。
それは何か仕事につなげられることが無いかという思いからです。
ゲームのイベントでラジオ、広告出演のメンバーに選ばれるチャンスを狙って動き出したファンがいました。

そうやってファンも少しでも前に進もうと足掻いていた頃、2014年の生誕祭で彼女は3つの目標を掲げました。
それは「進学」、「アンダー出演」、そして「昇格」です。

周囲の心配とは別に彼女の思いはまっすぐ前を向いていました。
それからしばらくして目標の一つであるアンダー出演を同期で1番最後に果します。

それと前後してPassionForYouのグラビア掲載をかけたファン投票で1位。TV CM出演をかけた投票で5位になりました。
初めてのアンダー出演後もその出演ペースはゆっくりしたもので、アップカミング公演の回数も極端に増えることはありませんでしたが、1回1回が成長の機会であり目に見えてそれはわかるようになりました。

残る懸念は進学の問題、そして昇格することが出来るかでした。

4月 6th, 2016 by
ツールバーへスキップ