Category: 特集

11月 20th, 2016 by wpmaster

2016/11/8放送の「解決!ナイナイアンサー」でニッチェ近藤さんと共にダイエットに挑戦した鎌田菜月さんはAKB48の姉妹グループで名古屋を中心に活動するSKE48のメンバーです。
番組を見て鎌田菜月さん(なっきぃ)のことが気になった皆さんによりなっきぃのことを知ってもらえるようにいくつかの情報をご案内します。
※無償のものでもコンテンツにより会員登録が必要な場合がります。詳細は各サイトでご確認ください。

今回はネットで楽しめる有料コンテンツのご紹介です。

・SKE48公式サイト
プロフィール等は無料で見ることができますが、一部の記事は有料の会員登録が必要になります。
トップページ
http://sp.ske48.co.jp/

・SKE48メール
鎌田菜月さんからプライベート風メールが届きます。
内容は読んでのお楽しみです。
メールの返信も送れるようです。
お試し期間など、一部無料でメールを受け取ることもできますのでまずはチェックしてみてください!
http://sp.mail.ske48.co.jp/

http://sp.mail.ske48.co.jp/profile/natsuki_kamata/

・公式ブログ
http://www2.ske48.co.jp/blog/member/writer:natsuki_kamata
SKE48の公式サイトから見ることができます。ほぼ毎日更新されますが最新のブログ以外を読むには有料の会員登録が必要になります。
※公式ブログにはコメント欄はありません。

<<動画配信>>
鎌田菜月さんが今迄出演した動画の配信情報です。
・DMM LIVE!!ON DEMAND
SKE48の特徴の一つでもある劇場公演。その様子をリアルタイムで配信しています。
公演終了後はアーカイブ配信もあり、一か月以内であれば過去の公演を見ることもできます。
鎌田菜月さんはチームE所属。現在の公演のセットリストは「SKEフェスティバル公演」です。
SKE48の魅力が詰まった劇場公演をぜひご覧ください!!

http://www.dmm.com/lod/ske48/

・DMM RIVIVAL!!ON DEMAND!!
過去の劇場公演のアーカイブを配信しています。
鎌田菜月さんは研究生公演、アップカミング公演、チームE公演等に出演しています。
DMM LIVE!!ON DEMANDとの同時購入のお得なサービスもあります。
今となっては貴重なJK時代のなっきぃの姿も見ることができますよ!
http://www.dmm.com/lod/rod/

・Pigooオンデマンド(CS:アイドル専門チャンネルPigoo)
SKE48のレギュラー番組「SKE48学園」が放送、配信されています。
メンバー持ち回りで出演のため鎌田菜月さんも不定期に出演しています。
https://ondemand.pigoo.jp/

無料コンテンツより数は少ないですが、情報量は多いのでもっと鎌田菜月さんを知りたい!思った方にはおススメです。

Posted in 特集

11月 13th, 2016 by wpmaster

2016/11/8放送の「解決!ナイナイアンサー」でニッチェ近藤さんと共にダイエットに挑戦した鎌田菜月さんはAKB48の姉妹グループで名古屋を中心に活動するSKE48のメンバーです。
番組を見て鎌田菜月さん(なっきぃ)のことが気になった皆さんによりなっきぃのことを知ってもらえるようにいくつかの情報をご案内します。
※無償のものでもコンテンツにより会員登録が必要な場合がります。詳細は各サイトでご確認ください。

まずはお手軽にネットで楽しめる無料コンテンツ

<<鎌田菜月さんとSKE48の基本情報!>>
・SKE48公式サイト
まずは基本情報をこちらで。
鎌田菜月さんのプロフィールや特集記事を見ることができます。
一部の記事は有料の会員登録が必要になります。
トップページ
http://sp.ske48.co.jp/
鎌田菜月さんのプロフィール
http://spn.ske48.co.jp/profile/index.php?id=natsuki_kamata
おススメはコチラ「よりぬきモバイルさん」
http://sp.ske48.co.jp/yrnk161108.php

<<SNS>>
SKE48のメンバーは非常に多くのSNSで発信したりファンと交流しています。
全部を追うのは大変かもしれないので気になったものから少しずつご覧ください。
気になることがあったら感想をコメントできるものもあります。

・公式ブログ
http://www2.ske48.co.jp/blog/member/writer:natsuki_kamata
SKE48の公式サイトから見ることができます。ほぼ毎日更新されますが最新のブログ以外を読むには有料の会員登録が必要になります。
例外で研究生(正規メンバーになる前の見習い期間)の頃のブログは全て見ることができます。
http://www2.ske48.co.jp/blog/member/writer:kenkyuusei
※公式ブログにはコメント欄はありません。

・twitter
https://twitter.com/nacky_k829
ほぼ毎日なにかしらのツイートがあります。内容は、日々のちょっとしたつぶやきから趣味の話、ネタ的な内容、写真、動画等いろいろです。
出演情報などの告知やお仕事の報告がある場合もあります。また、意外な人との交流が見られる時もあります。
※リプ返は「あればラッキー」くらいで!

・Instagram
ほぼ毎日なにかしらの写真付き投稿があります。内容は、なっきぃの好きなもの、お気に入りを載せたり、自撮りも普段とはちょっと違った感じです。
https://www.instagram.com/nacky_k829/

・google+
https://plus.google.com/app/basic/111577742898202735013/posts
不定期更新ですがtwitterより長文の投稿が可能な分、内容は充実しています。
こちらも写真、動画もあります。
コメントも長文投稿可能です。

・755
https://7gogo.jp/kamata-natsuki
現在はお休み中のようですが、ヤジコメ(コメント)は自由にできます。
アプリを登録するかPCから無料で見ることができます。

・SHOWROOM
https://www.showroom-live.com/48_NATSUKI_KAMATA
リアルタイムの動画配信。不定期配信で23時以降にtwitterで告知されて時間制限により24時に終わるパターンが多いです。時間帯によりつぶやき配信になります。コメントはたくさん流れていますがリアルタイムで読んでいるみたいです。

<<動画配信>>
鎌田菜月さんが今迄出演した動画の配信情報です。
・LINE LIVE「朗読ソフレ」
https://live.line.me/r/channels/89/broadcast/6097
2016/6/28に配信されたもののアーカイブです。アプリを登録するかPCから無料で見ることができます。なっきぃを近くで感じられるおススメ動画コンテンツです。
・LINE LIVE「コレカケルアレ #15」
https://live.line.me/channels/21/broadcast/154098
2016/11/22に配信されたもののアーカイブです。アプリを登録するかPCから無料で見ることができます。須田亜香里さん、谷真理佳さんと共演。
・LINE LIVE「さしめし#236 AKB48島田晴香×SKE48鎌田菜月」
https://live.line.me/channels/21/broadcast/125865
2016/11/15に配信されたもののアーカイブです。アプリを登録するかPCから無料で見ることができます。島田晴香さんと共演しダイエットトークなどなど。

・東海テレビ「SKE48のあいちテル」
http://tokai-tv.com/client_flv/aichi/aichiteru.html
SKE48のメンバーが愛知県のイベントや施設を紹介する番組です。
※現在は鎌田菜月さんの出演回はご覧になれません。

・YouTube
SKE48オフィシャルチャンネルではなっきぃの最新の参加楽曲「窓際LOVER」のMV(ショートバージョン)をはじめとした様々な動画を見ることができます。
その他ラジオ番組のオフィシャル動画等もあります。
「窓際LOVER」
https://www.youtube.com/watch?v=ec89pAPAqfU
鎌田菜月さん出演の動画リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLTImWdaeBH3y6bOGyrLmJJU9PcL-XMnUs

・GYAO!
ぎふチャンで放送された「SKE48の岐阜県だって地元ですっ!」の動画を見ることができます
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000105/
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000093/
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000094/
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000095/
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000153/
http://gyao.yahoo.co.jp/player/11037/v00001/v0000000000000000154/

無料でもこんなに沢山の情報を得ることができます。
気になったものからご覧になってみてください!

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

~4年目 今日までのこと、これからのこと~
4年目の始まりは宮澤佐江さんの卒業コンサートです。
ニューシングルチキンLINEとそのカップリング曲の発表がありました。
鎌田菜月さんは表題曲選抜ではありませんが2曲に参加しています。
1曲はチームEとして「Is that your secret?」に。
もう1曲はCM選抜として「望遠鏡の無い天文台」に。
研究生時代は「夕立の前」以外の楽曲参加がありませんでした。
「夕立の前」、「長い夢のラビリンス」、「君だけが秋めいていた」、そして今回の2曲。
これでオリジナルメンバーとしての楽曲参加が5曲になりました。
そのうちの4曲がこの1年で増えたことになります。
しかも今回の2曲についてはどちらもフロンとメンバーとして参加しています。

そしてさらにミュージカルAKB49への出演が決まりました。
こちらはメインの役どころではありませんが、新たな挑戦の機会を与えられたことは大きな喜びでもあります。

この後続いて広島のツアーにも参加しました。
全てのメンバーが参加できるわけではないこのツアーに連続で選ばれたこと。
高橋みなみさんの卒業コンサートへの参加もあわせて以前では考えられなかったことだと思います。

そして選抜アンダーとしてCDTVの収録に参加。
グループ全体で紅白歌合戦に出演したことはありましたが、アンダーとは言え選ばれたメンバーとして地上波の歌番組に出演できること。
言い表すのが難しいほどの嬉しさがファンにはありました。

TVと言えばCMオンエアーも開始されました。
2位にランクインしているため2番目の位置で画面に映っています。
楽曲はもちろんオリジナルの「望遠鏡のない天文台」です。

気付けば昇格から1年経っていました。

4月に入り全国ツアー青森、秋田公演に参加。
ハードなセットリストではありましたが、少しだけ体力も付いてきたように見えました。

4年目はまだ2ヵ月ほどしか経っていません。
1-2年目のわずかな露出の機会を追いかけていた頃を考えると隔世の感があります。

ミュージカルAKB49ではアンサンブルと少女役として出演しました。
きっと大きな壁にぶち当たったと思います。
でも舞台での鎌田菜月さんはアンサンブルはアンサンブルとしてその舞台の一つの景色になって生き生きと動いていました。
そして少女役ではスポットライトを一人で浴びて舞台に立ち、演技をしていました。
役者としての技量とは何かは素人である自分にはわかりませんがアンサンブルは所謂悪目立ちをしないことが第一であってその上で目を引くことが出来れば正解なのかなと思います。
その役割は立派に果たしたと思います。

この後にある大きなイベントは選抜総選挙です。
鎌田菜月さんは既に立候補済で、その決意は公式ブログに綴っています。

今までの鎌田菜月さんの活動から考えれば加速度的な仕事の増加です。
学生でもあるので学業の心配もありますが、今現在選抜総選挙で何位になるか、あるいはランクインできるのかは未知数です。
実際のところファンから見れば目覚しい活躍をしているとは言っても48グループ全体から見ればまだまだ無名です。
また初めてのランクインの支援票というものは今年はありません。

でも今回SKE加入からの鎌田菜月さんの歴史を自分なりに振り返ってみて、改めて今の鎌田菜月さんを見てみると「この子はこれからどうなっていくんだろう」という興味がわいてきます。

これからのことを考えるとき今を思います。
鎌田菜月さんは今「推し甲斐」を強く感じられるメンバーです。
この子のこれからのために出来ることをしていきたいと思うし、この駄文に目を通してくださった方が一人でも鎌田菜月さんに興味を持っていただければ幸いです。

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

~3年目 後編 更に高く~
2016年最初の出来事はtwitterの開始です。
1月1日からSKEの高校卒業以上のメンバーのツイートが始まりました。

多くの人の予想通り鎌田菜月さんはまずまずの滑り出し、ファンにも受け入れられた様子でした。
予想を超えていたのはその後、鎌田菜月さん自身がフォローしたり、作品を紹介した二次元関係や、作家さんとのやり取り。
小説を紹介した作家さんからリプライがあったり、本を贈られたりもしていました。
中でも反響が大きかったのは将棋の世界。
鎌田菜月さん自身はまだ将棋は初心者ですが、その興味は将棋そのものはもちろん、人間味あふれる棋士の方達にもありました。
それを見た棋士を含めた将棋関係者とのやり取りは今も続いています。
多くのメンバーがメンバー同士のやり取りにとどまっていた中、外の世界を意識した活動は可能性を感じさせました。

この頃PassionForYouのCM選抜企画が始まりました。
従来から比べるとPassionForYou自体の注目度も高まったこと、今回はオリジナルCM曲も与えられるということでメンバーからの発信も多く今まででも一番の注目イベントとなりました。
最終結果は2位。前年より順位を上げてランクインしました。

再開した全国ツアーに参加しました。
今までチーム単位で行っていた全国ツアーでしたが今回は各チームから選ばれたメンバーの参加となりました。
会場は静岡、茨城。
このツアーでもユニット「奇跡は間に合わないだろう」のメンバーに選ばれました。

2月24日に劇場公演出演が200回目を迎えました。
同期で300回出演を越えているメンバーもいる中、やはりマイペース、スローペースではありましたが、実はこの1年に関しては年間100回ペースで出演しており、地力がついてきたことを感じさせます。

地道な努力も、トリッキーな技もどちらも繰り出して成長を続けました。
波乱万丈、前の2年間を超える沢山の出来事があった3年目でした。
2015年の生誕祭で掲げた目標はどれも簡単に達成できるものではありません。
その下準備をきっちりと進めていけているのかなと思わされました。
そしてその成果は少しずつ表にも出てきています。

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

~3年目 中編 苦悩からの前進~

そして迎えた2015年8月松井玲奈さんの卒業コンサートに続いての劇場での卒業公演。

チームの人数が公演に必要な人数を超えているのが現状です。
普段は他の仕事でメンバーが全員揃わなかったりするため出演できるメンバーは全員出演していますし、場合によってはアンダーのメンバーが出演することもあります。
しかし、卒業公演のような全メンバーが出演可能なはずな状況の場合、外されるのは所謂序列が低いメンバー、「干され」のメンバーであると考えるファンもいます。
この時は鎌田菜月さんを含めた昇格が遅かったメンバーは一部出演でした。
これは公演後説明があったことで、公演中はわかりませんでした。
その時一部のファンは選抜総選挙でランクインしたのに干さて悔しいと考えた人もいました。

このときの公式ブログやSKEメールでの反応はまさに様々な苦悩、葛藤の渦中にあることが感じられました。
大きな存在である先輩を純粋に見送りたい気持ち、自分の置かれた状況、心情とファンの期待とのギャップ。自分自身の努力の方向性にも。
やらなければいけないことは明確ではありましたが、それ以上を考えるとき、まっすぐな思いとは裏腹にまた道に迷っていたのかもしれません。

そんなタイミングで迎えた2015年の生誕祭のスピーチは、昇格、総選挙ランクインと「順調に進んでいる」と思っていたファンにとっては意外なほど力強く、決意が感じられるものになりました。
ここで掲げた目標は「公演での武器を作ること」、「絶対に妥協しないこと」、「選ばれる人になること」でした。
1年前の目標より抽象的に見えますが、困難さは前回以上です。
現状を受け入れたうえで上を目指す意欲が表現されていました。

生誕祭を終えたしばらく後、鎌田菜月さんは髪を染めました。
髪を染めること自体は他のメンバーも(全員ではないですが)行っていることです。
メンバーによりますが特にそのこと自体に触れない場合もあります。
この問題は特にSKEファンで黒髪が好きな人が多いことを前提に考えるときにいつも微妙な問題になります。
鎌田菜月さんはあえてこの問題を微妙な問題にしませんでした。
ファンに髪を染めたことを報告し、意見を求め、その意見に対する返答を(反論を含めて)行いました。
この騒ぎで得たもの、失ったもの両方があったと思います。
ただ、鎌田菜月さん自身の迷いのようなものはこれ以降徐々に見えなくなったように思えました。

そしてその頃パフォーマンス面での成長が感じられることがありました。

その一つは劇場公演。innosenceという曲で、今まで担当していなかった歌いだしのポジションを担当する機会があったことです。
歌いだしを含めたソロパートは特に表現力を求められます。
堂々と務める姿に成長の跡が感じられました。

そして11月に行われた冬コン。
SKEにとっては松井珠理奈さんがSKE選任になったコンサートでしたが、その1日目で「思い出以上」を披露しました。
コンサートでユニット出演できるメンバーは限られています。
思い出以上はダンスの激しいユニット曲で従来の鎌田菜月さんのイメージとはかけ離れていると言えますが、その曲を任せてみようと誰かが思った。
これだけでも大きな進歩だったと感じられます。

これらのパフォーマンス面での成長は一朝一夕で出来るものではありません。
鎌田菜月さんはいろんな手を試して現状打開を試みる一方でしっかりとパフォーマンスのレベルを上げる努力をしていたのでしょう。

冬コンの2日目はリクエストアワー。
48グループ恒例のこのイベントは毎回様々なドラマがあります。
今回のSKEのリクエストアワーではシングル・アルバム曲部門で鎌田菜月さんが研究生時代に参加した「夕立の前」が1位になりました。
曲そのものの良さはもちろんですが、今を頑張る当時の研究生達へのエールとして贈られた1位でした。

今までコンサートでメインの場所に立ったことがほとんど無い鎌田菜月さんが、ユニット曲披露と1位の楽曲発表のメンバーとして冬コンの舞台に立ちました。

ユニットメンバーの選抜には漏れましたが、ここでの見せ場があったことはこれからの期待を感じさせました。

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

~3年目 前編 飛躍と苦悩~
3年目は明るいニュースからはじまります。

2015年3月、目標のもう一つである進学が決まったことの報告が鎌田菜月さんからありました。
前任メンバーの卒業に伴い、二次元同好会の副会長に就任しました。

そして3月31日。6期生最後の昇格組の一人としてチームEに昇格しました。
この日のイベントでは7期生のお披露目があったり、先輩メンバーの活動最終日であったりとSKEというグループにとっても大きな変化があった日となりました。
鎌田菜月さんとしても2年目の生誕祭での目標を3つとも達成した日になりました。

4月からは正規メンバーとして、大学生として一気に新しい生活が始まりました。

劇場公演には今までに無いペースで出演しました。
お腹もいっぱい晒されました。
正規メンバーとして初めて全国ツアーにも参加しました。

正規メンバーとして初めて迎えた選抜総選挙。
鎌田菜月さんにとっては3度目の挑戦になります。
過去2回は、速報、本選を通して名前が載ったことはありません。
ついに、初めて速報で名前が呼ばれました。
順位は33位。速報発表があったAKB48劇場では{?}の文字が浮かんでいました。
ホームであるSKE48劇場では驚きの声が観客からもメンバーからも上がりました。
そして迎えた本選。ヤフオクドームでは70位にランクインしました。
お披露目の時、後列恥で目を瞑って写真に写っていた鎌田菜月さんが、速報では同期トップ。本選でも同期で3番目の順位になりました。

昇格してからの活動は順調そのものに思えました。
昇格した当時のチームEにはSKEの看板の一人である松井玲奈さんがいました。
その他のメンバーも「強い」メンバーが多くいました。
先に昇格した同期の熊崎晴香さんは既にアンダーでセンターを任されるほどになっていました。

後から昇格した鎌田菜月さんは公演でも一生懸命でパフォーマンスのレベルも追いつきつつあったと思いますが、それだけでは埋もれてしまう危機感もあったかもしれません。
それは研究生だけで公演をやっていた時代、先輩が「助っ人として」一緒の公演に出ている時代との違い。それらのメンバーと対等に渡り合わなければいけないということです。

昇格したからこそ感じた高い壁なのかもしれません。
研究生の時代から現状を打破しようとするとき、いろんな手を試してみることで新しい発見が出来ることがありました。
公演のパフォーマンスでの独自性の追求もしかり、他にない切り口でgoogle+や公式ブログを更新したこともありました。

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

~2年目 どん底からの進撃開始~
鎌田菜月さんの2年目のスタートは順調なものではありませんでした。

大組閣の影響により研究生公演が出来なくなりました。
その頃、高校1年でSKEに入った鎌田菜月さんは高校3年生になりました。
進学志望の高校3年生。
SKEの研究生としての活動は少しの停滞状態です。
この頃はとある事件によって握手会が中断されていた時期でもあります。
この時点ではまだアンダー出演も出来ていませんでした。
同期の研究生が一人また一人と卒業していきます。
その状況から卒業説が流れたこともありました。

そんな中始まったアップカミング公演。
残った研究生がオリジナルのセットリストで帰ってきました。
アップカミング公演初日は暖かく迎え入れられました。

しかしアップカミング公演自体の回数は少なく、まだ不安な日々は続きます。
ただ一方で、アップカミング公演以外の希望の光もありました。
その一つはgoogle+。
SKEメンバーとファンとのメインのコミュニケーションツールであるgoogle+の投稿を始めた鎌田菜月さんは(いろんな意味で)印象的な言葉で綴る文章と奇跡の1枚とも思える自撮り写真で一部で話題になりました(奇跡の1枚は何枚も続きました)。
今でもgoogle+をきっかけに鎌田菜月さんのファンになったという人は多いと思います。

もう一つはファンの中でPassionForYouというゲームの話題が出始めたことです。
それは何か仕事につなげられることが無いかという思いからです。
ゲームのイベントでラジオ、広告出演のメンバーに選ばれるチャンスを狙って動き出したファンがいました。

そうやってファンも少しでも前に進もうと足掻いていた頃、2014年の生誕祭で彼女は3つの目標を掲げました。
それは「進学」、「アンダー出演」、そして「昇格」です。

周囲の心配とは別に彼女の思いはまっすぐ前を向いていました。
それからしばらくして目標の一つであるアンダー出演を同期で1番最後に果します。

それと前後してPassionForYouのグラビア掲載をかけたファン投票で1位。TV CM出演をかけた投票で5位になりました。
初めてのアンダー出演後もその出演ペースはゆっくりしたもので、アップカミング公演の回数も極端に増えることはありませんでしたが、1回1回が成長の機会であり目に見えてそれはわかるようになりました。

残る懸念は進学の問題、そして昇格することが出来るかでした。

Posted in 特集

4月 6th, 2016 by wpmaster

「方向音痴でも思いはまっすぐ」
鎌田菜月さんのキャッチフレーズの一文です。
SKEに入ってからこれまでの彼女の歴史はこの言葉に象徴されているかもしれません。
その歴史の一部を書いていきたいと思います。

~1年目 beginning~
2012年に鎌田菜月さんは6期生のオーディションを受けました。
特にアイドルファン、SKEファンという訳ではなかったそうです。
ふとしたきっかけから受けたオーディションで最終審査まで残りました。
2013年1月1日にSKE48劇場で6期候補生として初お披露目。
2013年2月28日には6期研究生として正式お披露目。
ここがファンがわかるSKEメンバーとしてのキャリアのスタートです。

劇場で撮られた6期生の集合写真。
この時点で並び順で同期であっても差が出てきます。
鎌田菜月さんは後列端にいました。

16歳の高校1年生。
将来の夢は警察官
剣道部所属
趣味は読書と二次元

夢は女優、タレントというメンバーが多い中の警察官。
SKEの活動と部活動を並行して続ける一風変わったメンバーでした。
それから約2ヵ月後の2013年5月6日。
研究生「会いたかった」公演で劇場公演デビュー。
これは同期で最後の劇場公演デビューでした。

高校生からSKEに入った鎌田菜月さんは他の学生メンバーが苦悩したのと同じように学業との両立に苦労しました。
しかも早くから進学を明言しており、進学せずSKEの活動に専念しようとしている同世代のメンバーに比べて使える時間も少なかったものと思います。
加えて本人も認めるマイペース、スローペース、そしてダンスはへっぽこ。
劇場での最初のパフォーマンスは緊張で動きは硬かったですが、その笑顔は人を惹きつけるものがありました。

それから徐々に公演への出演機会が増えた2013年8月。
初めての生誕祭は同期で今は同じチームの熊崎晴香さんとの合同生誕祭でした。
当時既に人気が出始めていた熊崎晴香さんとやっと研究生公演に多く出られるようになってきた鎌田菜月さん。
鎌田菜月さんは自分のこれからを期待してくれている人の思いに応えたいと語りました。

この頃の活動は月何回かの研究生公演と正規公演の前座ガール。
そして数日おきに回ってくる研究生ブログとSKEメール。
そして握手会。

この頃やっとメンバーとしての活動に自分のペースが追いついてきたように見えました。
そしてその頃、趣味である読書に関連する仕事や、二次元同好会への入会などもありました。
これからしばらくして鎌田菜月さんの握手レーンは少しずつですが列が長くなってきます。と言ってももともとの部数も少なく、その増え方も非常にゆっくりしたものではありました。

まだまだ知名度の低い研究生でまだまだマイペース。
もしかしたらファンに見えない部分で道に迷っていたこともあったかもしれません。

年が明けて2014年。研究生公演のセットリストが「制服の芽」に変わったとき、鎌田菜月さんはその初日メンバーには選ばれませんでした。
大組閣で同期、そして後輩にあたるドラフト1期生が昇格していきました。

Posted in 特集

ツールバーへスキップ